門司港アートワーフ 受賞と再展示


昨年11月に展示させていただいた「東アジア文化都市2020北九州」の一環として行われた門司港アートワーフにてスポンサー賞の「みなとオアシス門司港賞」を受賞させていただきました。

https://mojiko-art-wharf.amebaownd.com/posts/13460677?categoryIds=3135150

関門昔噺 (2020) 2600×6500mm 綿、染料 タペストリー

全作品の中からみなとオアシス門司港運営協議会が選んでくださったそうです。展示だけで終わるものだと思っていたので思いがけず賞をいただけて嬉しいです。

受賞にともない再度門司港で展示していただけることになりました。

現在、関門海峡ミュージアムに3月末まで展示していただいています。

展示場所は「みなとオアシス賞」の担当である港湾空港局のみなさんが他の行政関連部署と調整してくださったそうで、作品のテーマにあった場所を用意してくださってます。

もしお立ち寄りの際は関門海峡ミュージアム4階の作品をご高覧いただければ幸いです。

(※無料エリアです)

関門海峡ミュージアム

現在開館時間が短縮されており10時から17時の開館です。

◎所在地

801-0841

福岡県北九州市門司区西海岸1丁目33

◎お問い合わせ

Tel093-331-6700