個展『多元的ビオトープ』

Ginza Gallery Seekにて個展をさせていただきます。

 

梅田綾香 染色絵画展 -多元的ビオトープ-

日時:2022年11月12日から20日 11時~18時 最終日17時閉場

会場:Gallery Seek Ginza

〒104-0061
東京都中央区銀座2-11-18銀座小林ビル1階
TEL:050-5491-4949

https://galleryseek.jp/

在廊日:11月12日(土)・13日(日) 各日13:00-17:00

内容:

蝋染めを用いて万物の中に無限に広がる世界を表現したいと思っています。複雑化した芸術や宗教の根底にあるアニミズムの概念を基盤に、可視化できない多生物の視点、環世界、固定概念のない生の自然を意識してイメージを広げています。それを染色で表現することで画面上にも自然が生み出せると考えています。水にのって動く染料は完全に制御できず、水や空気によって左右された偶然の表情は自然が生み出したものともいえます。染色での布上の現象は自身のイメージを超えた自然をもたらし、そこから地続きする作品を生み出すことで、新たな世界の外郭が現れ、蝋染めならではの世界を生み出していけるのではと考え制作を続けています。

今回の個展テーマは『多元的ビオトープ』。ビオトープ的な水辺を舞台に多元的要素や根源が重なり混ざり合う世界をテーマにしています。水と陸、空と陸、水と空はそれぞれ二元的な世界の狭間が存在します。その狭間はあの世とこの世のような異なる体系が混ざり合い新たな世界を生み出す場と考えられます。多元的要素が混ざりあうこの森の水辺を舞台に、実際には共存しえない生き物や生き物それぞれの視点を絡ませて世界を拡張し染色絵画で表現したいと思います。

 

上記のような内容で、密度の濃い新作11点を発表予定です。

ぜひご覧いただけると幸いです。

 
 

 

アマカケルリュウニトキメキ2nd Artglorieux

龍を主題にした展覧会に出品させていただきます。

「アマカケルリュウニトキメキ展」
10月6日(木)~12日(水)
会場:Artglorieux
出品作家:阿部千鶴、石谷雅詩、梅田綾香、岡村智晴、菅かおる、木下武、小林英且、佐竹佳奈、志水堅二、鈴木靖代、須藤和之、田尾憲司、田中ラオウ、千葉史織、坪田純哉、友田恵梨子、中村祐子、名古屋剛志、南里康太、三浦麻梨乃、山崎有美、山下夏海、他

 

“アマカケルリュウニトキメキ2nd Artglorieux” の続きを読む